電力の安全な制御は、電気システムに限定されていません。

流体動力の機械は、同じ要件に基づいて設計する必要があります。

最高レベルのリスクに対しては、カテゴリー4、SIL 3、PLe までの機能安全を達成するために、空圧・油圧システムは電気システムと同様のデュアルチャネルアーキテクチャと高い診断範囲を必要とします。

油圧と空気圧に起きる可能な問題は何でしょうか。

油圧と空気圧による流体動力は、負荷をかけ、移動、除去するための信頼性が高く正しい方法です。流体動力が移動の過程で負荷を保持するため、すべてのシステムではリスクが存在しています。一次的運動が負荷を加え、二次的運動が負荷を取り除きます。 

移動中に油圧と空気圧が失われると、故障モードによって予想外の運動が発生する可能性があり、作業員が近くにいると重傷を負うおそれがあります。

空気圧と油圧システムによく見られる故障の原因:

• 油圧作動液または内部摩耗による汚染が発生
• 一般的な擦り傷
• 熱老化
• 湿気と冷凝
• 潤滑不良

安全弁技術によって、いかに予想外の運動を防ぎますか

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フォートレスのソリューションの優位性

カテゴリ4を満たすために、ISO 13849-1 には、制御システム (SRP/CS)の安全関連部分をSRPからSRP/CSに変更することで、いかなるSRPでの単一の障害によって安全性機能の損害を引き起こさないように設計する必要があると綴られています。

ISO 4413 & 4414には、流体動力プロセス関連のリスクを軽減するための機能安全の方法が詳述されています。流体動力は、産業プロセスで動力を提供するための信頼性が高く強力な方法ですが、問題が発生した場合、予測できない可能性が潜んでいます。

フォートレスのFluidsentryは、カテゴリー4、パフォーマンスレベルeのアプリケーション向けに設計され、市場で先駆けている安全な空気圧と油圧絶縁製品を多く提供しています。

フォートレスのFluidsentryシリーズは、各コンポーネントの冗長化を念頭に置いて設計されています。

ANSI B11.26には、システムに障害が発生すると、「安全な状態」に移行するように、空気圧と油圧システムを設計するという規定があります。

油圧と空気圧の流体動力は、多くの場合、1つの供給ラインから供給されています。

供給ライン全体を不必要に分離すると、費用がかかり、生産性に低くする可能性があります。安全弁によって、制御システムを介し供給ラインにパーティションを行い、危険性のある局部エリアに下流の圧力を移転することができます。

局部の分離により生産性が最大化され、1つのゾーンの「不作動」だけで、ダウンタイムによる影響が最小限に抑えられます。

各コンポーネントが冗長化に設計されています。

フォートレスのFluidsentryシリーズ製品は、特許技術を利用し、排気チャネルが塞いだ場合に、冗長な手段によって安全に圧力を取り除き、排気を行うことを確保しています。

すべての Cat.4PLe バルブのマニホールドには、ポート付きのクロスリンクマニホールドが採用されており、安全性の確保に貢献しています。

フォートレスのソリューションの優位性

流体機械の安全オプションをご覧ください

油圧バルブ

空気圧バルブ

PVバルブ

トラップドキーバルブ

ゼロ・プレッシャー・モニタリング

Fluidsentryの動作を見る

フルイドエントリーシステムは、既存の油圧・空圧ベースのシステムに後付けすることが可能で、Cat.4、SIL 3、などの最高レベルの安全機能を実現します。4, SIL 3,PLe.

クイックアニメーションを通して、流体動力の危険性と、安心感をもたらすことができる流体動力の安全性について了解します。

イーサネット経由で通信します

安全な隔離システムをネットワーク化されたコントロールに簡単に接続します

PROFIsafe & CIP safetyを介した安全通信機能

私たちは、自動化のための安全ソリューションを提供する専門家です。
オートメーションのための安全ソリューション

お客様の機械安全アプリケーションに合わせたガイダンスとソリューションについて
お客様の機械安全アプリケーションのために