危険なエネルギー源がすべて隔離されない限り、ハザードを「安全」と見なすことはできません。

流体動力 危険に対する保護は、電気系統と同じ要件で設計する必要があります。

空気圧・油圧システムは、カテゴリー4、SIL 3、またはPLe までの機能安全を達成するために、電気システムと同じデュアルチャネルアーキテクチャと高い診断カバレッジを必要とします。

✅ 高リスク 流体動力 Cat.1までのアプリケーション。4PLe

 

デュアルNC接点は、出力状態への移行時にエレメントによって直接かつ積極的に開放されます。

 

独立した要素の非同期運動から発生する可能性のある故障状態✅ 独立した要素の非同期運動から発生する可能性のある故障状態

 

機械的バイアスを下流に排気する流体動力

 

油圧と空気圧に起きる可能な問題は何でしょうか。

油圧と空気圧による流体動力は、負荷をかけ、移動、除去するための信頼性が高く正しい方法です。流体動力が移動の過程で負荷を保持するため、すべてのシステムではリスクが存在しています。一次的運動が負荷を加え、二次的運動が負荷を取り除きます。 

移動中に油圧と空気圧が失われると、故障モードによって予想外の運動が発生する可能性があり、作業員が近くにいると重傷を負うおそれがあります。

 

空気圧・油圧システムで最も多い故障の原因は、以下の通りです。

💧 作動油または内部磨耗による汚染
💧 一般的な摩耗
💧 ヒートエージング
💧 水分と結露
💧 潤滑不良

 

安全弁技術によって、いかに予想外の運動を防ぎますか

 

Fluidsentryの動作を見る

フルイドエントリー|安全弁の監視システム流体動力

 

フルイドエントリーシステムは、既存の油圧・空圧システムに後付け 、最高レベルの安全機能(Cat.4、SIL 3)を実現することが可能です。4、SIL 3、PLe 。

クイックアニメーションを通して、流体動力の危険性と、安心感をもたらすことができる流体動力の安全性について了解します。

Fluidsentryの動作を見る

Fluidsentry|水力発電用監視装置

 

このビデオでは、新しい水力発電用監視装置シリーズを紹介しています。

 

安全な隔離システムをネットワーク化されたコントロールに簡単に接続します

PROFIsafe & CIP safetyを介した安全通信機能

Fl878

私たちは自動化向けの安全ソリューションを提供する専門家です

機械安全アプリケーションのためのテーラーメイドのガイダンスとソリューションについて お客様の機械安全アプリケーションのために